畳替えや床のリフォーム|気持ちよく過ごせる住環境を手に入れよう

人気の高い工事

インテリア

断熱材のリフォームとなると、壁を剥がし、基礎工事を行なうのが一般的なイメージでしょう。ですが断熱材リフォームの方法の中には、壁を壊さないで済む方法もあります。できるだけ大掛かりな工事は行なわずに、断熱材のリフォームを検討しているという人は、確認しておきましょう。工事を依頼する際に参考にできるかもしれません。

断熱材をリフォームする際に、壁を壊さないで済む方法を壁内断熱材充填工法といいます。これは特殊な方法を用いるため、断熱リフォーム専門業界でも施工可能な業者の数はあまり多くありません。具体的な工法としては壁を壊すことなく、壁の内部に発泡ウレタン材を注入することで断熱効果を改善させることが出来ます。さらに、希望すれば高気密高断熱住宅へリフォームすることも可能です。この工法のメリットとしては、住居で生活をしたまま工事を行なうことが出来るという点です。工事期間中に一時引越しをするなどの余計な手間暇がかからないため、とても人気が高いです。工事中は産業廃棄物なども発生しないため、エコで環境にも優しいという特徴があります。

壁内断熱材充填工法で得ることが出来る効果としては、壁内の湿度を最適に保てるため、結露を未然に防ぐことが可能です。また他にも外部の気温の影響を受けにくくなるため、エアコン機器などの効きを良くすることが出来ます。そのため結果的に電気代の節約になり、家計に優しい住宅へと生まれ変わらせることが可能なのです。